×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリスマスローズの交配種

今年からクリスマスローズを育ててみようかなと思っている人も多いと思います。最近では色々な種類のクリスマスローズが販売されていますので、どれを選んだらいいかわからないという人もいると思います。初心者の人は交配種から始めてみてはいかがでしょうか。

日本で販売されているクリスマスローズの交配種は、日本の気候にあわせて丈夫に育つようにと改良されているのですので、初めての人でも育てやすいだとされているのです。クリスマスローズは苗で販売されているものもありますが、初心者の場合はすぐにキレイな花が楽しめますし、開花株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を購入したほうがいいですよ。

クリスマスローズの苗を購入する場合、開花するまでに1年はかかりますので、実際に花が咲いている状態で好きなカラーを選ぶことが出来る開花株のほうがいいはずです。苗のほうが価格は安いですがすぐにたのしめると言う良さがあります。どんな花を咲かせるか待つのが好き、という人は苗を購入し翌年まで待ちましょう。

クリスマスローズの育て方に慣れてきたら、少しずつ色々な種類に挑戦して増やしていくのもいいでしょう。クリスマスローズの原種は原産国とほぼ同じ環境で育ちます。夏の暑い時期の育て方が難しくなりますが、柑橘系の香りのするオドルスなどもありますので、楽しみがふえるようです。ちょっとずつ株分けして増やしていくのも良いですね。