×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリスマスローズの種類

クリスマスローズの写真を見て自宅の庭で植えて育ててみたいと思った方は多いと思います。クリスマスローズ・オリエンタリスの花を見て鑑賞したくなったという方も多い筈です。そんなクリスマスローズは名前の通り冬の寒さに耐性があるのが特徴の花です。他の花の鑑賞が出来ない冬に咲く花で、淋しくなりがち庭を彩る綺麗なクリスマスローズは多くの方から愛されています。

クリスマスローズは冬に咲く花なので日陰でもOKです。手入れが楽で何もしなくても花芽が出てきます。加えて花期が長いのが嬉しいですね。ヘレボラス・オリエンタリスは2〜4月に咲きます。ニゲルは10月〜2月頃に咲きます。
冬の庭が淋しいと思われるなら、庭にクリスマスローズを植えて育ててみる事をお勧めしますよ。クリスマスローズの綺麗な花で癒されましょう。

クリスマスローズの学名はヘレボラス。花としてはキンボウケ科所属の花で、アジア・ヨーロッパでは一般的に見ることができます。日本ではクリスマスの頃に咲く花を総じてクリスマスローズと言います。近年品種改良により多くの種類があり、いずれも美しいフォルムと多種類の色合いが気品や格調高さを演出し、冬はクリスマスローズの季節と言われる位に人気の花となっています。冬の間ずっと美しい花姿を楽しめるクリスマスローズはクリスマスの贈り物にもお勧めと言えるでしょう。


⇒人気のクリスマスローズ一覧はコチラ

クリスマスローズの人気

クリスマスローズはキンボウケ科の宿根草です。店頭で多く発売されているのはヘレボルスの交配種がほとんどです。寒さに強くクリスマスの頃に白いバラのような花を咲かせることから、クリスマスローズという名前が付いたとも言われています。落ち着いた色合いが多く、地味な印象を与えるため、日本ではあまり人気のない花でした。

さいきんでは交配種も加わり色のバリエーションも増えて、クリスマスローズの人気は一気に上がりました。ガーデニングブームも手伝い、今やクリスマスローズは冬の庭の主役と言われるほど、大きな人気となりました。寒さに負けずに賢明に花を咲かせる姿も大きな魅力となっているようです。

店頭では10月頃から苗などが販売されるのです。グレーや緑などのシンプルな色合いも多いので、和室にも良く合い和風の庭にもピッタリです。洋風にも合わせやすいので、近代的な家作りを楽しんでいる人にも安心です。和風・洋風どちらにも合うと言うのもクリスマスローズが人気となった理由となっているでしょうね。

きれいな花を咲かせるクリスマスローズですが、控えめな姿が美しいという人もいるのです。鉢植えにしたり、花瓶に生けたり、切り花にしたりと色々な方法で楽しめるのも魅力です。1月〜3月という景色の淋しくなる時期に綺麗な花を咲かせるので、冬の大きな楽しみとしてクリスマスローズを育てると言う方も増加しています。