×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリスマスローズの種類

クリスマスローズは冬の貴婦人と呼ばれる冬の花として愛されていますね。10月〜3月頃に白や赤紫の綺麗な花が楽しめます。しかしクリスマスローズは種類(それぞれに違いがあるものです)が多いです。花の色は、白や紫は勿論ピンクや黄色と豊富です。単色だけに限らず様々なカラーが交ざった複雑な色合いの花もありあなたの好みで植えるのが良いですね。

クリスマスローズは色も複雑ですが、色だけでなく咲き方も様々です。八重咲きや剣弁咲きなど、形状も種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)が豊富で一見しただけではクリスマスローズと判らない花も多く驚畭の連続となるでしょうね。

クリスマスローズは多くの種類があるものですが、基本としてはオリエンタリスの交配種が人気もあり花の色豊富ですから、良く花やさんで見かけますね。
ほかにも
ヘレボルス・ヒブリドゥス:丈夫です。
ヘレボルス・オリエンタリス:寒さに強い、春先に咲きます。
ミセスベティラニカー:八重咲きが綺麗です。
チベタナス:暖かい地域では栽培は難しいです。
ヘレボルス・ニガー:クリスマス時期に咲く花です。 
コルシカス:鉢植えで室内栽培が良いです。
等の?多くある種類があります。

クリスマスローズは派手ではないのですが美しく、改良がなされているので交配種が多いのが特徴になります。そのために、九州や沖縄といった温かいエリアでも栽培を楽しむ事が出来る嬉しさがありますね。溝口博士