×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズは名前の通り冬に咲く為、寒さに強い花です。冬に咲く花は少ないのに加え美しい花を咲かせるので多くの人が庭に植えて鑑賞していますね。クリスマスローズの花の色は白とか赤紫色が多いです。名前程派手な花ではないですが、洋風の庭でも和風の庭でも似合う美しさがありますね。

クリスマスローズは寒さには強い反面、高温多湿の気候には弱いため、真夏は注意して面倒を見る必要があるでしょう。直射日光は厳禁ですよ。

タネまきや株(ネットでのトレードが主流となっていますね)分けで増やす事が比較的簡単に出来るようになっています。時期的には秋が良いですね。発芽まで時間は掛かりますが確実に増えるのが嬉しいと思います。


クリスマスローズの花が咲き終わると花茎を切り取りるのが良いですね。ほったらかしにしておくと株が弱くなり少々トラブルが発生するかもしれません。クリスマスローズは寒さには強いとは言っても、乾燥が苦手で、更に霜にも弱いですので注意してみましょう。この辺りをケアするとキチンと次の年も綺麗な花が咲きますね。

ワンポイントですが鉢植えでクリスマスローズを育てるなら、鉢は南向きの軒下に置くと覚えましょう、この位置には霜が当らないです。夏は直射日光が危険なので植え替えが必要かもしれないのが気になりますが、良いポイントを探ってみましょう。
他の花では注意が必要な病気や害虫問題が少ないので、育てる場所を注意するのがクリスマスローズの育て方の注意点と言えそうです。